花粉症の飲み薬はもう眠くない

かつて抗アレルギー薬というのは眠気の副作用が非常に強く敬遠されてました。ですが、各製薬会社は効果効能を減少させることなく眠気の副作用を取ろうと研究し今では多くの医薬品が眠気の改善に成功しています。どのような薬が自分に合っているのか見てみましょう。

アレグラの用量は多種、どう違う?

辛い花粉症の症状を抑える薬といえば、最近はアレグラの名前がよくあがります。
アレグラと一口に言っても、病院で処方してもらえるアレグラ錠60mg、アレグラ錠30mg、アレグラOD錠60mg、アレグラFXなどがあります。
どれも花粉症によくあるアレルギー性鼻炎はもちろん、他のアレルギー症状である蕁麻疹などにも効果があります。
アレグラ錠60mgとアレグラ錠30mgの違いは簡単に言えば、大人用と子供用です。
成人、または12歳以上の小児の用量は1回60mgを1日2回ですが、7歳以上12歳未満の小児の場合は1回30mgを1日2回となります。
60mgの錠剤を半分にしても30mgになるわけではないので、7歳以上12歳未満の小児にはアレグラ錠30mgを使用します。
アレグラ錠60mgとアレグラOD錠60mgの違いは、用法の違いです。
アレグラ錠のほうは錠剤なので水や白湯で経口投与しますが、OD錠は口の中で溶かした後に水や唾液で飲み込みます。
口腔内からは吸収されないので、溶かしたあとは必ず水や唾液で飲み込みましょう。
アレグラ錠60mgとアレグラFXの違いは、薬局で売っているかどうかの違いです。
アレグラ錠60mgは病院で処方してもらわなくては購入することが出来ませんが、アレグラFXはスイッチOTC薬として薬局で市販されています。
スイッチOTC薬とは、これまでは医師の処方箋なしでは手に入らなかった医薬品と同じものが薬局で購入できるようになったもののことです。
花粉症に悩んでいるときに薬局で医療品と同じものが買えるのでとても便利ですが、飲み合わせなどの問題がある場合があるので、初めて購入する際は必ず薬剤師さんに相談しましょう。
アレグラFXは第一類医薬品なので、販売している薬局には必ず薬剤師が常駐しています。
↓おすすめ通販サイト
人気の花粉症治療薬アレグラ
↓アレグラよりも効き目があるのがザイザルです
ザイザルの効果・効能について
↓市販化もされているお薬
ジルテックでアレルギー対策をしましょう
↓このお薬の商品名がアレグラなんです
フェキソフェナジン