花粉症の飲み薬はもう眠くない

かつて抗アレルギー薬というのは眠気の副作用が非常に強く敬遠されてました。ですが、各製薬会社は効果効能を減少させることなく眠気の副作用を取ろうと研究し今では多くの医薬品が眠気の改善に成功しています。どのような薬が自分に合っているのか見てみましょう。

ザイザルは眠気が強い印象、今はどうか

花粉症となれば、目の痒みや止めどなく流れる鼻水などを引き起こし、ただ外を歩くのさえ容易ではありません。
薬を飲めばその症状を緩和させる事が可能です。
ですが、薬には副作用がつきもので、この場合にもそれが当てはまります。
花粉症の薬として人気のあるザイザルの場合には、副作用として眠気が強いという印象を持たれることが多いですが、事実猛烈な眠気を感じる患者もいます。
そもそも、目の痒みや鼻水などの反応は、体内に入った花粉によってヒスタミンがでることが原因です。
ザイザルのような花粉症の薬は、このヒスタミンを抑える抗ヒスタミン作用を促すものですが、ヒスタミンは脳の活性化に必要な成分ですから、その働きを抑えると体の働きも鈍くなります。
これが眠気を感じる理由です。
それゆえに、眠気を始めとした副作用は、花粉症を抑える代償として、ある程度許容しなければいけない部分があります。
そのことを踏まえた上で、眠気を感じるであろうことを想定して、服用するときには車の運転をしない、などの対策をとっておくと上手く薬と付き合うことが出来るようになります。
また、薬の副作用というのは、飲んだ時の体調にも左右されます。
二日酔いの状態や寝不足、風邪気味など体調不良のときには、副作用が強くなりますから、その場合には服用を避けることです。
それから、ザイザルは1日1回の服用ですから、就寝前の夕方や夜に服用することで副作用の苦しみを軽減させる事が可能となります。
もちろん、体質というのは個人差がありますから、それらの対策をしても眠気がどうにもならない可能性はあります。
そのときには、医師に相談してザイザルの服用を継続するのかどうかを検討してみることです。