花粉症の飲み薬はもう眠くない

かつて抗アレルギー薬というのは眠気の副作用が非常に強く敬遠されてました。ですが、各製薬会社は効果効能を減少させることなく眠気の副作用を取ろうと研究し今では多くの医薬品が眠気の改善に成功しています。どのような薬が自分に合っているのか見てみましょう。

市販薬は医療用とどう違う?

花粉症の治療のために病院に行ったというような場合に処方されるのが医療用の医薬品です。
これは処方箋を発行してもらい、それをもって薬局に行くなどの工程を踏んでようやく手に入るものであるため、市販薬と比べても入手までにかなり手間がかかるということがデメリットになります。
ただやはり、市販薬と医療用の処方薬ということで言えば、二つはかなり違う医薬品であるということは注意が必要です。
では実際にはどういったことが違うのかというと、最も大きい違いとなるのはそこに含まれる成分です。
医薬品として製造販売されている物にはさまざまな成分が含まれており、花粉症用の医薬品ということで最も多いのは「抗アレルギー作用」を持つようなものです。
抗アレルギー作用とはアレルギー症状を緩和させるためのもので、処方薬で言えばアレグラやジルテックなどが該当します。
処方薬は医師が使い方を説明し、同時に体質や過去のアレルギーの情報などを確認してから消費者に手渡されるため、含まれる成分量が多かったり、そもそも市販薬では使用できないように規制されている成分などが含まれています。
これはつまり「処方薬の方が効果が強い」ということにもなりますから、より効果的に症状を抑えたい場合には特に効果的となるでしょう。
また処方薬ということで価値が大きいのがステロイド剤です。
ステロイド剤にはホルモンが含まれており、これを服用すると体の免疫機能を一時的に弱める効果があります。
花粉症の症状は免疫機能の暴走によって引き起こされるものですから、ステロイド剤は非常に強力な効果を期待できることでしょう。
ただこの薬の副作用は非常に強力であることもあって、市販薬では入手することが非常に困難です。
症状が非常に重いという場合にはこのステロイド剤を処方してもらうことで症状を一気に和らげることができるというのも、処方薬ならではの特徴と言えるでしょう。