花粉症の飲み薬はもう眠くない

かつて抗アレルギー薬というのは眠気の副作用が非常に強く敬遠されてました。ですが、各製薬会社は効果効能を減少させることなく眠気の副作用を取ろうと研究し今では多くの医薬品が眠気の改善に成功しています。どのような薬が自分に合っているのか見てみましょう。

東京で花粉症のアレルゲンを調べる

風邪をひいているわけではないのに、くしゃみや鼻水が出るときには、何らかのアレルギーを起こしている可能性があります。これらの症状は、季節を問わず1年を通して起こる通年性のアレルギー鼻炎と、花粉症のように特定の時期だけ起きる季節性のアレルギー鼻炎に大きく分けることができます。通年性のアレルギーの場合、アレルゲンとなっているものとして、ダニやペットの毛、ハウスダストなどがあげられます。また、季節性のアレルギーの場合には、花粉が原因となっており、スギをはじめとして、ヒノキやブタクサ、シラカバやカモガヤなどで鼻水や鼻づまりに悩まされる方が多くみられます。
東京では、花粉症のアレルゲン検査に対応するクリニックが豊富にあります。診療科目としては、耳鼻科や内科、アレルギー科のクリニックで検査が行われています。なかでも、東京で気軽に受けられるアレルゲンの検査として「MAST33」があります。MAST33は、アレルギーを起こしやすい33のアレルゲンの検査を一括して行うものです。主な検査項目として、スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカバ、オオアワガエリ、ハルガヤ、カモガヤ、ブタクサ混合物、ヨモギなど、花粉症の主な原因となっている植物をはじめ、ネコやイヌの皮屑、小麦、大豆、エビ、カニ、ミルクなどの食物も含まれています。東京で、MAST33の検査を受けることで、アレルゲンが何かをはっきり把握することができます。アレルゲンを知っておくことで、花粉の飛散時期に合わせて通院したり、アレルゲンを含む食べ物や動物を避けることができ、適切な体調管理ができるようになります。健康保険を適用して、血液で検査ができますので、気になる症状があるときには、受診してみてはいかがでしょう。