花粉症の飲み薬はもう眠くない

かつて抗アレルギー薬というのは眠気の副作用が非常に強く敬遠されてました。ですが、各製薬会社は効果効能を減少させることなく眠気の副作用を取ろうと研究し今では多くの医薬品が眠気の改善に成功しています。どのような薬が自分に合っているのか見てみましょう。

花粉症とアナキラフィシーの関係と富山市の対応

花粉症はスギ花粉で知られる植物アレルギーの一つで、スギ花粉をはじめとして植物の花粉が鼻や目などの粘膜に付着して引き起こされる症状ですが、この花粉症がアナキラフィシーショックと呼ばれるショック症状を引き起こすことがあります。スギ花粉が引き起こすことはあまりないようですが、北海道ではシラカバ花粉症でよく見られるそうです。アレルギー反応の強い人は時として死に至る恐れがあるといわれるほど恐ろしいものですが、一般的にはあまり知られていません。アナキラフィシーショックは花粉だけが原因ではなく、スズメバチに刺されて死亡する例は、アナキラフィシーショックによるものです。一度刺されて軽く済んでも二度目に刺されるとショック症状は重くなり死亡する確率が高くなります。また、一般の食べ物による食物アレルギーでもアナキラフィシーショックを受け、死に至るケースも多いといわれます。とくに最近は児童などが食物アレルギーを起こす例が増えているので警戒が必要です。アナキラフィシーショックの実態が明らかになるつれて、各地でアナキラフィシーショック対策を進めるようなりました。富山県富山市では、市のホームページに食物アレルギーに関する基礎知識コーナーを設け、食物アレルギーについて解説し、予防対策を進めていますが、そのなかでアナキラフィシーショックについても触れており、市民に十分警戒するように呼びかけています。富山市には、アナキラフィシーショックに対応できるアレルギー科を設けた病院クリニックが213件あり、市民の相談に応じています。花粉症をはじめ、食物アレルギー、スズメバチによる被害は春先から多くなり始めますが、富山市では、このシーズンは特に市民に対し注意をするように呼びかけています。